読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田無日記

映像編集者 1977年生まれ

受験か

んー、受験。

しかし、このまったく昔と変わらぬ感じはなんだろう。まあ、テストの点数と内申点。

それをとれぬものは、落ちこぼれ。相変わらず、分かりやすい。

とにかく、どっかの高校に入れ、っていう感じ。

 

大人になって思うに、大体の人間は勉強なんてしたくないのに、高校にいくわけで、これはなんかメチャクチャ意味ないことなのではなかろうか、と思わなくもない。

もちろん、優秀な人は高校に行くべきだし、言われなくても行くし、なにかやりたい事のある人間も行くし。

問題なのは、なにもやりたいことはないけど、そして勉強もしたいわけじゃないけど、なんか行けそうな高校にいくという輩である。

そんなこと、なんか意味あるのか。

 

まあ、かく言う自分も、高校は行け、と言われ、ただただ行った人間なので、意味のない輩の一員であるが。まったくそのとおり、高校はまったく意味がなかった可能性が高い。

高校生活になにか有意義な意味をつけることはおよそ出来ない。

 

意味なくても、あとあとになってそこに意味がうまれるものだ、だから、高校は行くものだ。

意味なんて、人それぞれ違うから、一概にはいえない。

まあ、まったくそのとおりで、勉強したくないという人間が何故高校にいくのか、私は大いにナゾだけど、まあ、大体の人が行くんだから、なんか、意味あるのか。もしくは、意味なんてものは意味がないのか。

 

でも、まあ、もしかしたら、意味が探せそうな高校に行く、というのが正解で、最初から意味ありきではなく、ここなら意味あるかもというところに行くべきなのかもしれない。

勉強はしたくない、でも、ここだったら、なんか行く意味あるかも、、、そんな高校あるのか、、、。

 

では、高校は勉強しに行くところという前提が間違ってるのか、。

よく、学校は勉強だけじゃない、社会性を身につける場であるなんてこともいわれるけれど。

 

百人百通りの高校に行く意味、そして意味のなさがあるんだろうけど、まあ、もう、自分が受けられるわけでもないから、ただただ心配。