読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田無日記

映像編集者 1977年生まれ

向き不向き

圧倒的に、人間には向き不向きというものが、存在すると、40歳近くなるとおもう。

自分は、小さい頃より、自分に無理なことは、たとえ父親母親に詰られようとも、避けていきてきたため、そんなに不向きなことで、ムリな努力を続け、人生の貴重な時間を棒に振ることもなかったから、よかったのかもしれないけれど、真面目で従順、自罰的な、いい子ほど、自分の向き不向きを見失い、無闇につらい仕事を続けているような気がしなくもなくて、もっとやりたくないことには、真っ向から、逃げるべきであるような気がする。

3年は頑張れとか、辞めるな、とかそういう昭和的な根性論みたいなことは、向き不向きを見極めて生きているさきにあるもので、そもそも、むいてるのか、むいてないのか、分からないけど、やっている仕事などというものは、不毛である可能性もあり、やりたくないことからはまずは逃げる、という向き不向きを早くに腑分けするのは大切かもしれない。