読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田無日記

映像編集者 1977年生まれ

宣伝

人気作や宣伝の面白い映画は、それだけ期待値も高まり、そして、内容も面白いものであれば、最高なわけだけど。

わりと、宣伝や予告編がすべてだった……もしくは、宣伝や予告編には、本編をミスリードさせてる節があった…というものも、多く、観た後、少しガッカリすることもある。
確かに、宣伝や予告では、すべてを説明することは難しいかもしれないが、映画本編の核心は、打ち出さないと、やはり、偽りありの宣伝にしかならないように思う。
核心をつきながらも、本編に興味を抱かせるような、隠す部分もひそませておく、そうすれば、実際に観た時にも発見があるから、宣伝や予告がすべてだった、とガッカリはしない。
映画の核となる部分への興味を誘いつつも、謎も残し、観た後の拡散を誘発する、そういった優れた宣伝は、なかなか難しい。